基礎表面に出る水の濡れ


 
よく見受けられる、
基礎表面に出る水の濡れ。


なぜ、基礎に水染みが出てしまうのだろうと、
思った事ありませんか。


この状態も、外壁に浸透した
雨水による雨漏りが原因です。


基礎表面が濡れたり乾いたりを繰り返して、
跡が付いているお宅がありますが、
この状態は完全な雨漏りが起きている状態です。


内部に雨漏りが起きていなくても、
外壁の中の木構造材や断熱材に水分を
浸食させてしまっております。


例え家の中に雨漏りが生じていなくても、
この状態は物凄く危険ですので対処するようにしましょう。


雨漏り補修はプロに任せてほしい!


 
お宅で雨漏りが起きた場合、どう対応しますか。

 

とりあえず、応急処置という事で難を逃れる為に

ご自分で補修する方が大半だと思います。

 

もちろん、応急処置は大事な事なので、

ご自分でやれる範囲で行う事はオススメします。

 

大事なのは、その後です。

 

ご自分で補修工事を行い業者に頼らない方も

多いようですが、これはとても危険です。

 

何故、DIYで雨漏り補修をする事が

オススメ出来ないのかを、ご紹介します。

 

 

・水の動きは意外と難題!

 

水の動きというのは、想像以上に恐ろしく厄介です。

 

小さな針の穴さえくぐり抜けて、簡単に雨漏りへと繋げてしまいます。

 

素人さんでも万度に雨漏り補修が出来れば問題有りませんが、

殆ど万度に100%防水出来るとは考えにくいです。

 

その為、結局少し経つとまた同じ場所から雨漏りが発生してしまい、

どんどん建物に影響を与えてしまいます。

 

この繰り返しで、建物のダメにしてしまう

パターンは結構多く見受けられます。

 

 

・高所作業は意外と大変

 

素人さんが高所に上がるのも大変なのに、

ましてや足元がおぼつかない屋根の上の

作業となると、リスクが高くなってしまいます。

 

屋根上から転落してしまう事故も増えていますので、

自分は大丈夫なんて思って安易に作業をする事はとても危険です。

 

特に、雨が降った後は屋根上が滑るので、特に危険です。

 

想像以上に危険ですので、絶対にオススメできません。

 

 

・プロが用意する材料には勝てない

 

素人さんがホームセンターから購入してきて使う補修材と、

プロが適切なルートから購入する補修材とは効果の

程に雲泥の差があります。

 

きちんと密着し、その部分から2度の雨漏りを起こさないよう

スマートに処理を行ってくれますので、

断然プロに雨漏り補修を行ってもらうのが正しい方法です。

 

それでも自分で安く済ませようと、コツコツやっているようでは、

建物の寿命がどんどん落ちていき長持ちしなくなってしまいます。

 

そうならないよう、きちんとしたプロに頼んで

雨漏り補修を行ってもらいましょう。

 

雨漏りだからこそ、プロに頼まなくてはなりません。

 

水漏れを甘んじて受けていると、

本当に大変な事になってしまうので気を付けましょう。

 

雨樋の不具合が雨漏りに繋げる!


 
なんと、雨樋が屋根の雨漏りに繋げてしまう事、

ご存じでしたか。

 

屋根と雨樋は全くの別物ですが、

雨樋の不具合次第で屋根に大きな影響を与えてしまい、

結果的に雨漏りに繋げてしまいます。

 

雨漏りに繋げてしまう雨樋は、

詰まってしまった雨樋です。

 

雨樋は、落ち葉などのゴミが軒樋に詰まってしまい、

簡単に詰まりを作ってしまいます。

 

雨樋の流れが悪くなると、

雨水の行き場が無くなってしまいオーバーフローします。

 

オーバーフローした雨水が瓦の隙間などに入り込んでしまい、

雨漏りに繋げてしまう事があります。

 

雨樋の詰まりは放っておく方も多いようですが、

このように屋根の雨漏りに繋げてしまう事がありますので、

良くありません。

 

屋根の雨漏りに繋げないよう、

雨樋の詰まりを常に解消するようにしましょう。

 

雨樋の詰まりを解消させる為には、

雨樋の掃除を定期的に行う事が大事となります。

 

軒樋は掃除しやすいので、

ほうき等で定期的に行いましょう。

 

竪樋の詰まりは、ホームセンター等詰まりを

解消させる掃除用具がございますので、

そちらを利用すると良いでしょう。

 

雨樋の詰まりを解消させる為にオススメなのは、

軒樋に付けるメッシュ型の落ち葉除けネットです。

 

樹脂製で出来ている柔らかい材質のメッシュで、

丸めて軒樋に固定するだけでゴミを軒樋の中に

溜め込まないという原理のアイテムです。

 

雨は通すけれど落ち葉などのごみは通さない、

とても画期的なネットです。

 

軒樋に付ける事で、竪樋の詰まりも無くす事が出来るので、

雨樋のオーバーフローを防ぐ事が出来ます。

 

雨樋は、少しの汚れがあっても放っておいて

しまう傾向があるのかもしれません。

 

しかし、建物の屋根に悪影響を与えてしまうのでしたら、

常に綺麗にして通りを良くしなければなりません。

 

雨樋は1度取り付けたらそのままではなく、

定期的に点検して雨樋の詰まりを解消しましょう。

 

雨樋は本来雨水を流す物ですので、

詰まって雨水が流れないようでは役目をなしません。

雨漏りは保険で直す事が出来る事がある その2


 
前回お話しした、災害により屋根が侵されて雨漏りに繋が得るケースはこちらです。

 

その災害は、下記の3つです。

・風害の場合

風害の場合は風速20m/秒以上等、様々な制約はございますが、
屋根を使っているうちにこの程度の風を受ける事は必ずあります。
台風等も該当するので、かなりの割合で該当する事があると言われています。

 

 

・雪害の場合

例えば、一部二階の住宅の場合、二階の屋根から
一階の屋根に雪がドンと落ちてくることで、
一階の屋根に大きな負担が生じてしまいます。

 

その際に雨漏りに繋がる弊害が生じて雨漏りをしてしまった場合、
火災保険で修繕費用をまかなう事が出来ます。

 

多雪地域では、このような事がよく発生するので、
該当する確率が高いと言えます。

 

 

・ヒョウ災の場合
大粒のヒョウにより屋根が破損してしまって雨漏りになると、
修繕の費用を火災保険でまかなう事が出来ます。

 

雨漏り修理の際は、火災保険の補償に該当するのかどうかを、
まずは業者に問い合わせてみると良いでしょう。

修理費用が安価な場合は、該当しない事もございます。

このような保険の該当を知らなく、
自腹で雨漏りの修理費用を支払っているお宅は沢山ございます。

せっかく保険に該当するのに、
自分で大金をねん出するなんて勿体ありません。

雨漏り補修の場合は、
必ず問い合わせてから補修を行いましょう。

雨漏りは保険で直す事が出来る事がある


 
雨漏りは、経年劣化や施工不良じゃなければ、
無料で直す事が出来るという事、ご存じでしたか。

 

意外と盲点なのですが、住宅を持っている方の
ほぼ全世帯がかけている保険の中に該当するものがございます。

 

該当する保険は、火災保険です。

 

火災保険には、「風災保証」というのがございます。

 

強風や積雪、ヒョウ等の悪天候により雨漏りがした場合は、
火災保険から保険金が下りるという記載がございます。

 

様々な火災保険会社がございますが、
どの保険会社でも同じ事が記載されています。

 

この3つの悪天候に伴って雨漏りが生じた場合は、
修理費の全てを保険でまかなう事が出来ます。

 

うちの火災保険は該当するのかしら?と思う場合は、
かけている保険会社のHPを確認すると良いでしょう。

 

雨漏りと聞くと、経年劣化等により起きてしまうイメージが強いと思います。
しかし、意外とこれらの災害により屋根が侵されて
雨漏りに繋が得るケースは物凄く多いのです。

 

次回は災害で雨漏りするケースについてお話しします。