計画的な防水工事が必要な理由

防水工事は、その文字から半永久的な
イメージがあるようですが、そんな事はありません。
何層もの工程から作る湿式工法であり、
紫外線や雨水等の外的刺激の影響を強く
受けてしまうので、寿命は必ず来てしまいます。
その為、計画的な防水対策が必要となり、
建物の寿命を高める為の大きなカギとなります。

10年目程から防水層の劣化が進んでいき、
15年目位には殆どの建物で防水層に不具合が
起きてしまう傾向があります。
目安としては、10年目で点検をして
定期的な防水改修を行う事をオススメします。
軽度な劣化状態でメンテナンスを行えば、
軽度な費用と工事で済みます。
大きく劣化した状態まで放っておくと、
躯体にまで大きな影響を与えてしまう事もありますので、とても危険です。
鉄筋コンクリート造の場合は、構造体内部の鉄筋に
大きな影響を与えてしまい、もろくしてしまいます。
構造体自体が頑丈では無くなってしまうので、
致命傷を背負った建物になってしまいます。
鉄骨造の建物の場合は、鉄骨自体に雨水の影響を
与えてしまい、強度が乏しくなってしまい、危険です。
防水層の劣化は、防水層単独だけの損傷では
済まなくなってしまうので、万全なな防水状態を保つようにしましょう。

防水の種類別耐用年数は、以下の通りです。

・アスファルト防水 17年~
・塗膜防水 10年~
・ゴムシート防水 13年~
・塩ビシート防水 13年~

どの工法も10年以上の耐用年数がありますが、
施工状態により耐用年数は大きく左右されますので、
10年での点検を強くオススメします。

防水層の点検は、素人さんでも行う事が出来ます。
屋上やベランダ、バルコニー等、
どの程度防水が劣化しているかを把握しましょう。
ヒビや膨れ等、細かく点検をし確認しましょう。
また、ドレンが詰まっていると防水層に
大きな負担をかけてしまい、雨漏りに繋げてしまう事があります。
ドレンは常に綺麗な状態にし、ストレーナーを
取り付ける等万全の状態にしておきましょう。
気になる方は、業者に頼んで定期的な清掃をオススメします。

防水層は、外壁や屋根材と同じく、
建物を守ってくれている大事な部位です。
劣化して頼りにならなくなる事で、
建物はどんどん劣化してしまいます。
強くて丈夫な建物を保つ為に、
防水層のメンテナンスをこまめに行い、
何十年も持つ建物を維持しましょう。

防水に水が溜まる状態は放っておいても良いのか

屋上防水が古くなると、防水上に水たまりが
発生してしまう事があります。
長期間にわたって存在する防水上の水たまりは、
そのまま放置していてはいけません。
たかが水たまりと思い放置しているお宅もあると思いますが、
こうした防水上の排水不良は防水層に大きな
負担をかけてしまいますので、絶対に良くありません。

防水層の上に長時間水が溜まっていると、
紫外線による熱の影響による防水材への膨張や
伸縮を起こすようになり、トップコートや防水層の
劣化を早めてしまいます。
漏水事故や雨漏りに繋げてしまうので、
水たまりは早期に回避しなければなりません。
建物自体に大きなダメージを与えてしまい、
建物の価値が大きく下がってしまいます。

防水上に水たまりが出来ているという事は、
屋上表面に凹凸が生じている証拠です。
しかし、防水仕上げ表面に何かしらの
施工を施して平らにする訳にはいきません。
この場合は、防水層の下地からのやり直しとなります。
水たまりが出来ている部分の防水層を綺麗に取り除き、
きちんとレベルで水平を取った上で下地を防水モルタル等で平らにし、
防水層をやり直しする事がベストな方法です。

防水の保証は殆どの防水が10年ですので、
このような水たまりが10年以内に起きた場合は、
補償の範囲で直してくれます。
下地が平らではないのは施工側のミスになりますので、
補償の範囲になります。
放っておいて雨漏りに繋げてしまうと大変な状態に
なってしまうので、早めの対処をするようにしましょう。
建物をしっかり守る為には、定期的な防水の点検や
メンテナンスはとても大切となります。
問題が起きてから対処するようでは、
余計な工事や出費や工事がかさんでしまいます。
そうなると、全額業者持ちにならない事がありますので、
早めのメンテナンスを行いましょう。


防水上に水溜まりが見受けられたら、
このような部分も細かくチェックしてみましょう。

・表面の浪打ち、浮き
・表面のひび割れ
・コケや藻が生えている
・表面の色あせ

これらが発生していたら、防水全体の
寿命となっている事があります。
あまりにも起きている症状の範囲が多い場合は、
全面防水をやり直しする事がベストとなります。
防水は、不具合が起きているにも関わらず放っておくと、
必ず雨漏り等の不具合に繋げてしまうので、絶対に良くありません。
細かいチェックをして万全な防水を保ち、
建物の健康を長期間保つ事が出来る防水にしましょう。

だれでも簡単!簡単防水管理方法 NO.3


 
・防水層の状態を定期的に確認する

防水に対して知識が無くても、
定期的に防水層の点検をしていると
防水層の不具合に気づくものです。

平面や立ち上がりまで隅々まで
頻繁に点検を行うと、防水層の
不具合に気づく事が出来ます。

軽度の不具合を突き止める事にも
つながりますので、ご自分の目でも
防水層の状態と向きあってみましょう。

このように、防水層に負担をかけさせなければ、
防水層を長持ちさせる事が出来ます。

防水層は、意外とデリケートです。

手厚く手間を掛けてあげる事で、
長持ちする頼りになる防水層となります。

ご自分のケア次第で、長持ちする丈夫な
建物へと繋げる事が出来るのです。

建物の管理となるとお客様はどうしても
素人感覚になってしまう事がありますが、
このように誰でも出来るようなケアを
行う事で建物へのケアは可能となります。

だれでも簡単!簡単防水管理方法 NO.2


 
・ドレンのお掃除

屋上に溜まった水はドレンの方向に
流れていくようになっていますので、
ドレンにはごみが溜まりやすくなってしまいます。


ドレンにゴミが溜まると排水しにくく
なってしまいますので、屋上で雨水が
オーバーフローしてしまい、防水層の弱い
部分から雨漏りを発生させてしまいます。


ドレンは、定期的にお掃除をするようにしましょう。


・屋上の床に物を乗せない

屋上の上に、物置の様に物を乗せたり、
ベンチやテーブルなどの憩いの空間として
ご利用されている方も多くいらっしゃいます。


歩行用の強い防水層の施工ならOKですが、
ほとんどの防水層の場合、物を置く事で
防水層に大きな影響を与えてしまい
雨漏りにつなげてしまう事があります。


歩行用の強い防水層ではない場合は、
防水層の上に物を置かないようにしましょう。

だれでも簡単!簡単防水管理方法 NO.1


 
屋上防水はなかなか目に付きにくい部分ですが、
建物の上からの水の被害を食い止めるとても
大事な部位ですので、放置しておいてはいけません。


ご自分でも、出来るだけの管理が必要となります。


どなたでも出来る、屋上防水の
管理方法についてご紹介をしていきます。


・ゴミを片付け綺麗にする

屋上にゴミ等の汚れが多い場合は、
ゴミや汚れにより防水層に重篤な影響を与えてしまい、
防水層の劣化へとつなげてしまう事があります。


家の中をお掃除するように、屋上防水の上も
定期的にお掃除をするようにしましょう。


ほうき等を使って、防水層に影響を
与えないようにはき掃除を行います。


防水層にいかに影響を与えずにお掃除を
するのかが重要となりますので、
ヘラ等の硬い物を使ってお掃除をしてはいけません。


雨漏りが建物に与える重篤な被害はまだあります!


 
直接水の影響以外にも重篤な被害をもたらす原因はあります。


・シロアリの発生

木造建物に発生しやすい怖い影響といえば、
シロアリの発生です。
シロアリは湿気が多い場所を好むので、
雨漏りを起こしている建物が大好きです。

シロアリは湿気が多い木材を好むので、
どんどん繁殖してしまい木構造材を荒らしてしまいます。

柱の半分がシロアリに侵されて無くなっている
なんていうケースは良くある話であり、
とても恐ろしい状態です。



・少しの外的被害により重篤な被害を受ける

雨漏りで建物自体がモロくなっていますと、
少しの影響により建物に重篤な被害を
受けてしまう事もあります。

強風で今まで以上の建物が揺れる、
屋根が飛んだ、挙句の果てには建物が倒壊する等、
想像するだけで恐ろしい事が発生してしまいます。

大地震や天災が多くなっている日本ですので、
丈夫な建物をキープさせる事は大事な事です。
雨漏りを放置している建物でしたら、
このような外的被害に耐えられない事も発生してしまいます。


このように、ざっと挙げただけでも
聞き苦しい重篤な被害が発生して
しまうのが理解できると思います。


1度このような状態になってしまうと、
元通りに戻すのはなかなか難しくなってしまいます。


この様な被害に遭わない為にも、
軽度の雨漏り状態で補修をする事は
とても大事な事となります。


軽度の雨漏りの補修であれば、
少しの費用で済ませる事が出来ます。


しかし、建物内部の補修工事も必要となってしまうと、
その費用はどんどん膨れ上がってしまいます。


たった数万の補修工事で済むはずだったのが、
建物内部の補修工事も加わってしまい
100万円程の補修費がかかったというケースもあります。


この様な余計な費用を捻出しない為にも、
早めの雨漏り修理は鉄則となります。


雨漏りの突き止め方というのは簡単そうで難しい事ですので、
ご自分で行おうとせずに業者に依頼して
点検と補修を行ってもらうようにしましょう。


雨漏りなのかなと思った時にスムーズに
業者に相談をする事で、丈夫な家を
キープさせる事に繋げる事が出来ますよ。

雨漏りが建物に与える重篤な被害はこれ!


 
雨漏りが建物に与える重篤な被害は、これらが挙げられます。


・内装材にシミが付く

雨漏りといえば、内装の仕上げ材に
シミとして表してしまう事が定番です。


案外天井や壁などの内装材にシミが付いているお宅は多く、
半分以上の建物に起きている現象とも言われています。
内装材にシミが出ているという事は、
明らかな雨漏り状態が発生している証拠となります。


・小屋裏や室内などがカビ臭い

小屋裏や室内がカビ臭い場合は、
湿気によるカビの発生も考えられますが
ほとんどの場合雨漏りによる被害です。


カビは健康被害を発してしまいますので、
ぜんそくやアレルギーなどの病気を発生させてしまいます。


・構造材が腐ってしまう

雨漏りは屋根や外壁から浸透するので、
近くにある構造材に大きな影響を与えてしまいます。


木造の場合は雨水の付着により、
どんどん腐食を起こしてしまいます。


木材というのは、ずっと水に浸かっているよりも
水に触れたり触れなかったりを繰り返した方が、
腐食を発生させやすい性質を持っています。


構造体の耐力が衰えてしまい、
丈夫な建物ではなくなってしまいます。

意外と多い!雨漏りを放置しているお宅に起きている重篤な状態


 
雨漏りが起きているかもしれないけれど、
我が家はまだ大丈夫だと思い放置し続けていませんか。


そこまで大きな被害を感じないから大丈夫、
業者に依頼したら大きなお金がかかってしまうなど、
何かしらの理由を付けて放置したままという
心当たりの方って、意外と多いと思います。


雨漏りというのは、少しの雨漏り状態で
修理を行えば少ない費用での修繕で済みます。


雨漏りの恐ろしい事と言えば、
雨漏りしているのにもかかわらず長期間放置し、
建物に重篤な被害が発生してしまうという事です。


雨漏りは軽度の被害と受け止める方もいらっしゃるようですが、
そんな捉え方をしていると大変な事となってしまいます。

雨漏りが発生しやすい部位と原因 その2


 
前回に続き、雨漏りが発生しやすい
部位と原因を書きます。


・屋根板金の錆び


鳥のフン等により、
屋根板金に錆びを発生させて
しまう事があります。


板金に明らかな色の違いがある場合は、
葺き直しをしましょう。


板金は部分的に葺き直しが可能なので、
劣化部分だけでも葺き直しが可能です。


何か所もある場合は、全ての板金を
1度に葺き替えた方が耐久性を高める事が出来ます。


・天窓


天窓廻りはシーリングの劣化や
屋根板金の納まり方により、
雨漏りを発生させてしまいます。


シーリングが切れている場合は、
既存のシーリングを撤去して新しい物を打ちます。


シーリングが原因じゃない場合は、
天窓廻りの板金を取り除き、
板金や防水紙等の納まりを適切にしましょう。


・外壁のクラック


外壁のクラック部分から、
雨漏りを発生させてしまいます。


クラック部分にはコーキング等で平らにし、
その上から塗装を行います。


クラックが酷い場合は、
弾性塗料を使い建物を覆ってあげると、
クラックによる雨漏りを防ぐ事が出来ます。


・バルコニー周り


バルコニー周りの外壁取付け部分の
取り合いから、雨漏りを起こして
しまう事があります。


取付け部分の防水状態を確認し、
防水力を高めましょう。


雨漏りは、その状態により費用が高く
かかってしまう事があります。


その現認の状態により、
火災保険の風災保証等で修理費を賄う事が出来ます。


気になる方は、保険会社に
問い合わせてみると良いでしょう。


雨漏りの場合は、規定の風害に
該当する事が多いので、
費用を捻出する事が出来る場合が
多い傾向があります。


その為、雨漏りを起こしている
可能性がある部位を見つけたら、
費用を気にせずに修繕するようにしましょう。


早めの雨漏り修繕が、
建物へのダメージを少なくさせる事が出来ます。



雨漏りが発生しやすい部位と原因 その1


 
【本文】
雨漏りは、様々な部分から発生してしまいます。
どのような部分に、雨漏りが発生して
しまうのでしょうか。


起きやすい雨漏りポイントを、
ピックアップしました。


・棟板金、谷樋板金


棟や谷樋に打っている釘が錆びる事で
釘が浮いてしまい、板金が浮いてしまい
雨漏りを生じてしまいます。


板金も下地の木材も寿命の場合が
ありますので、全て取り替えましょう。


・スレートのひび割れ


スレートは、劣化すると
ヒビが入りやすくなってしまいます。


ヒビが発生する事で、
雨漏りに繋げてしまいます。


ヒビが入ったスレートは、
新しいものに取り換える事で
雨漏りを回避させる事が出来ます。


ヒビにコーキングを埋めても、
雨漏りの完璧な回避にはなりません。


・瓦の漆喰


瓦の漆喰部分が崩れて、
雨漏りを生じてしまいます。


古い漆喰を取り除き、
新しい漆喰を塗り込みます。


・瓦の割れやずれ


瓦が割れたりずれる事で、
雨漏りに繋げてしまいます。
ずれた瓦は元に戻し、
割れた瓦は新しい瓦に取り換えましょう。


・板金屋根と外壁の取り合い


板金屋根と外壁の立ち上がり部分との
瀬戸際部分は、板金の外壁内への
立ち上がり不足により、
雨漏りを引き起こす場合があります。


この部分から雨漏りが発生する場合は、
外壁部分を取り除いて屋根板金を
立ち上げる事で雨漏りを回避させる事が出来ます。


150㎜以上板金を立ち上げる事が、
理想となります。


取り合い部分にコーキングを打つ方法もありますが、
場合によっては解決しません。