防水に水が溜まる状態は放っておいても良いのか

屋上防水が古くなると、防水上に水たまりが
発生してしまう事があります。
長期間にわたって存在する防水上の水たまりは、
そのまま放置していてはいけません。
たかが水たまりと思い放置しているお宅もあると思いますが、
こうした防水上の排水不良は防水層に大きな
負担をかけてしまいますので、絶対に良くありません。

防水層の上に長時間水が溜まっていると、
紫外線による熱の影響による防水材への膨張や
伸縮を起こすようになり、トップコートや防水層の
劣化を早めてしまいます。
漏水事故や雨漏りに繋げてしまうので、
水たまりは早期に回避しなければなりません。
建物自体に大きなダメージを与えてしまい、
建物の価値が大きく下がってしまいます。

防水上に水たまりが出来ているという事は、
屋上表面に凹凸が生じている証拠です。
しかし、防水仕上げ表面に何かしらの
施工を施して平らにする訳にはいきません。
この場合は、防水層の下地からのやり直しとなります。
水たまりが出来ている部分の防水層を綺麗に取り除き、
きちんとレベルで水平を取った上で下地を防水モルタル等で平らにし、
防水層をやり直しする事がベストな方法です。

防水の保証は殆どの防水が10年ですので、
このような水たまりが10年以内に起きた場合は、
補償の範囲で直してくれます。
下地が平らではないのは施工側のミスになりますので、
補償の範囲になります。
放っておいて雨漏りに繋げてしまうと大変な状態に
なってしまうので、早めの対処をするようにしましょう。
建物をしっかり守る為には、定期的な防水の点検や
メンテナンスはとても大切となります。
問題が起きてから対処するようでは、
余計な工事や出費や工事がかさんでしまいます。
そうなると、全額業者持ちにならない事がありますので、
早めのメンテナンスを行いましょう。


防水上に水溜まりが見受けられたら、
このような部分も細かくチェックしてみましょう。

・表面の浪打ち、浮き
・表面のひび割れ
・コケや藻が生えている
・表面の色あせ

これらが発生していたら、防水全体の
寿命となっている事があります。
あまりにも起きている症状の範囲が多い場合は、
全面防水をやり直しする事がベストとなります。
防水は、不具合が起きているにも関わらず放っておくと、
必ず雨漏り等の不具合に繋げてしまうので、絶対に良くありません。
細かいチェックをして万全な防水を保ち、
建物の健康を長期間保つ事が出来る防水にしましょう。