雨漏りが建物に与える重篤な被害はこれ!


 
雨漏りが建物に与える重篤な被害は、これらが挙げられます。


・内装材にシミが付く

雨漏りといえば、内装の仕上げ材に
シミとして表してしまう事が定番です。


案外天井や壁などの内装材にシミが付いているお宅は多く、
半分以上の建物に起きている現象とも言われています。
内装材にシミが出ているという事は、
明らかな雨漏り状態が発生している証拠となります。


・小屋裏や室内などがカビ臭い

小屋裏や室内がカビ臭い場合は、
湿気によるカビの発生も考えられますが
ほとんどの場合雨漏りによる被害です。


カビは健康被害を発してしまいますので、
ぜんそくやアレルギーなどの病気を発生させてしまいます。


・構造材が腐ってしまう

雨漏りは屋根や外壁から浸透するので、
近くにある構造材に大きな影響を与えてしまいます。


木造の場合は雨水の付着により、
どんどん腐食を起こしてしまいます。


木材というのは、ずっと水に浸かっているよりも
水に触れたり触れなかったりを繰り返した方が、
腐食を発生させやすい性質を持っています。


構造体の耐力が衰えてしまい、
丈夫な建物ではなくなってしまいます。