スレートの屋根材を塗装


 
スレートの屋根材を塗装する際、
塗料でスレート同士が密着してしまいます。


屋根材同士が密着してしまうと、
スレート内部に浸食した雨水の
逃げ道が無くなってしまいます。


その為、屋根内部の中で雨水の排出が
乏しくなってしまい、
雨漏りへと繋げてしまいます。


この状態を繰り返していると、
最悪の場合は建物の腐蝕へと導いてしまいます。


スレート屋根で雨漏りを起こさない為には、
スレートの通気を考えた塗装を行う事が
大きなカギとなります。


スレート屋根を塗装する場合は、
スレートとスレートの間に
タスペーサーを取り付けます。


タスペーサーという部材を取り付ける事で、
スレート同士の密着を避ける事が出来、
縁切りに繋げる事が出来ます。