スレートの屋根材を塗装

スレートの屋根材を塗装する際、
塗料でスレート同士が密着してしまいます。


屋根材同士が密着してしまうと、
スレート内部に浸食した雨水の
逃げ道が無くなってしまいます。


その為、屋根内部の中で雨水の排出が
乏しくなってしまい、
雨漏りへと繋げてしまいます。


この状態を繰り返していると、
最悪の場合は建物の腐蝕へと導いてしまいます。


スレート屋根で雨漏りを起こさない為には、
スレートの通気を考えた塗装を行う事が
大きなカギとなります。


スレート屋根を塗装する場合は、
スレートとスレートの間に
タスペーサーを取り付けます。


タスペーサーという部材を取り付ける事で、
スレート同士の密着を避ける事が出来、
縁切りに繋げる事が出来ます。


軒天に雨染みを作ってしまう原因

軒天に雨染みを作ってしまう原因は、
軒先の唐草の欠損です。


軒先の唐草に不具合があると、
落ちるはずの雨水が軒先を伝って
軒天に伝わってしまい、
軒天の腐蝕に繋げる事があります。


軒先の唐草の状態をチェックし、
軒天に余計な負担をかけないようにしましょう。


軒天の雨染みを単なる塗膜の劣化と勘違いし、
塗装で回避しようとする方が居ます。


見た目的には綺麗になりますが、
構造的な解決には全くなりません。


軒天の雨染みはただの色染みではありませんので、
勘違いしないようにしましょう。


不具合のサインですので、
軒天廻りの劣化状態を確認するようにしましょう。