軒天の色合いの違いは雨漏りのサイン


 
普段雨漏りしない頑丈なお宅でも、
冬場になると雨漏りになってしまう事があります。


それは、すがもりです。


すがもりは、軒天をチェックする事で
確認できます。


軒天は白い塗装仕上げですので、
色あいが違うと素人目にもすぐに解ります。


軒天に色ジミが発生している場合は、
すがもりによる雨漏りの疑いがあります。


軒天からの雨漏りの場合は、
建物内部に浸食しないパターンが殆どです。


しかし、軒天廻りの構造材の劣化へ導いて
しまいますので、気が付いたら即修繕を行いましょう。


色ムラがある軒天を解体すると、
構造材が腐蝕している場合が大半です。


この場合は色が変わっている腐蝕部分を
綺麗に取り替えないと、建物内部の構造材にも
浸食してしまう場合があります。


早く修繕する事で、建物の寿命を
高める事へと繋げる事が出来ます。


これらの状態が起きてしまうのは、
一般的に言う「すがもり」という状態です。


軒先に氷の塊が出来てしまい、
家の中から発生する暖気により溶けて
液状になり、寒くなると氷になり、
この状態を繰り返されます。


やがて、水が軒から入り込み、
雨漏り繋げてしまいます。


寒冷地域に、よく起きるパターンです。


つららが出来る屋根部分をチェックし、
雨染みが軒天に出来ていないか
こまめにチェックをしましょう。


軒の出が無い家は雨漏りを起こす可能性が高い その2


 
見た目にインパクトのある軒の出の無い住宅ですが、
他にもこのようなことがあります。


・軒の出が無いと破風や淀から雨漏りしやすくなる


屋根から流れてきた雨水は、
通常は破風部分で水切りをし、
軒の出部分で雨水を切って流す事が出来ます。


軒の出が無いと、破風のすぐ内側が外壁に
なってしまうので、破風で切った雨水が
外壁内部に入り込んで雨漏りを
引き起こしてしまう可能性があります。


日本は雨が多い国ですので、
軒の出が無い建物はオススメ出来ません。

どうしても美観的に軒の出を出したくない場合は、
各窓の上に庇を付ける事で窓周りの
雨漏りを回避させる事は出来ます。


建物は見た目も必要ですが、
大事なのは機能です。


機能的な建物じゃなければ、
快適に使う事も長く使う事は出来ません。


本来であれば、見た目にばかり重視されずに、
いかに使いやすい建物にするかが大事となります。


昔の建物は、今の建物より庇の出が長い傾向がります。


長い軒の出は見た目だけじゃなく、
長く出す事で機能性の意味をなしています。


しかし、長い軒の出は家の中が暗くなってしまうので、
せめて通常的な軒の出の長さ450㎜は保つようにしましょう。



軒の出が無い家は雨漏りを起こす可能性が高い その1


 
見た目にインパクトがある、軒の出が無い住宅。


設計屋さんが見た目重視で設計した建物に、
見かける事があります。


現代風のオシャレな雰囲気をかもし出しますが、
建物の性能を考えるとオススメ出来ません。


その理由は、軒は飾りでは無く
大きな役割を担っているからです。


1番大きな理由は、雨漏りを
起こしてしまう可能性が高いという事です。


軒が雨漏りを防止してくれているのです。


・軒の出により直射日光を遮る


軒の出がある事で、外壁に直射日光が当たり
辛くさせる事が出来ます。


軒の出が無いと外壁に直射日光が
直接当たってしまうので、
外壁が劣化しやすくなってしまいます。


外壁の劣化により、雨漏りに繋げてしまいます。


・軒の出により屋根から流れてくる雨水をさえぎる


軒の出が無いと、屋根から流れてくる
雨水がそのまま外壁にダラーっと付いて流れてしまいます。


その作用により、外壁内部に雨水が入りやすくなり、
雨漏りに繋げてしまう事があります。


・軒の出が無いとサッシに直接雨水を当ててしまう


軒の出が無いと、外壁の中で1番突出しているのが
サッシになってしまいます。


そのサッシに屋根からの雨水を直接ぶつけてしまい、
窓周りの納まりが適切じゃなければ建物内部に
雨水の浸食に繋げてしまいます。