サッシ周りから雨水が浸透しやすい理由


 
サッシ周りから雨水が浸透しやすい理由は、
サッシの角部分の外壁に入るクラックです。


特にモルタル外壁に、よく見受けられる現象です。


建物に動きが生じると、どこか弱い部分に
力を逃がそうとしてしまう性質があります。


その弱い部分が、角部分です。


サッシの角から力が流れ、角部分の外壁に
力を逃がしてしまい、クラックを作ってしまいます。


サッシの角に亀裂を発しないようにする為には、
他の部分に力を逃がしてあげるようにすると解決します。


その為に外壁に採用する工法は、
目地を設ける事です。


モルタルやALC外壁等に目地を設ける事がありますが、
これは見た目を良くする為では無く、
力を逃がす為に設けます。


2~3m毎に縦横に目地を作り、
そこにコーキングを充填して塗装をして仕上げます。


このように目地を作ると、他の外壁部分より
明らかに弱くなるので、建物の動きを全て
目地部分に集中させる事が出来ます。


コーキングやコーキングの底部分に
クラックが入るので、表面上クラックは見受けられません。


外壁の表面にクラックが入らないので、
雨漏りに繋げる事がありません。


外壁にサッシ等のパーツが取り付く事で、
動きが生じた場合にパーツ周りに余計な負荷を掛けてしまいます。


余計な負荷がかかるのは仕方のない事なので、
外壁にいかに不具合が生じないようにするか、
納める事が大事となります。


雨漏りの無い快適な建物にする為には、
これらの細かい納まりが鉄則となります。