基礎表面に出る水の濡れ


 
よく見受けられる、
基礎表面に出る水の濡れ。


なぜ、基礎に水染みが出てしまうのだろうと、
思った事ありませんか。


この状態も、外壁に浸透した
雨水による雨漏りが原因です。


基礎表面が濡れたり乾いたりを繰り返して、
跡が付いているお宅がありますが、
この状態は完全な雨漏りが起きている状態です。


内部に雨漏りが起きていなくても、
外壁の中の木構造材や断熱材に水分を
浸食させてしまっております。


例え家の中に雨漏りが生じていなくても、
この状態は物凄く危険ですので対処するようにしましょう。


サッシ周りから雨水が浸透しやすい理由


 
サッシ周りから雨水が浸透しやすい理由は、
サッシの角部分の外壁に入るクラックです。


特にモルタル外壁に、よく見受けられる現象です。


建物に動きが生じると、どこか弱い部分に
力を逃がそうとしてしまう性質があります。


その弱い部分が、角部分です。


サッシの角から力が流れ、角部分の外壁に
力を逃がしてしまい、クラックを作ってしまいます。


サッシの角に亀裂を発しないようにする為には、
他の部分に力を逃がしてあげるようにすると解決します。


その為に外壁に採用する工法は、
目地を設ける事です。


モルタルやALC外壁等に目地を設ける事がありますが、
これは見た目を良くする為では無く、
力を逃がす為に設けます。


2~3m毎に縦横に目地を作り、
そこにコーキングを充填して塗装をして仕上げます。


このように目地を作ると、他の外壁部分より
明らかに弱くなるので、建物の動きを全て
目地部分に集中させる事が出来ます。


コーキングやコーキングの底部分に
クラックが入るので、表面上クラックは見受けられません。


外壁の表面にクラックが入らないので、
雨漏りに繋げる事がありません。


外壁にサッシ等のパーツが取り付く事で、
動きが生じた場合にパーツ周りに余計な負荷を掛けてしまいます。


余計な負荷がかかるのは仕方のない事なので、
外壁にいかに不具合が生じないようにするか、
納める事が大事となります。


雨漏りの無い快適な建物にする為には、
これらの細かい納まりが鉄則となります。



サッシ周りと外壁下地との納め方の問題


 
雨漏りは屋根に原因が多い感じがするかもしれませんが、
近年雨漏りが起きてしまう事が多い部位は、
サッシ廻りに多く見受けられます。


サッシ廻りには何故雨漏りが多いのか、
その原因は、サッシ周りと外壁下地との
納め方の問題が挙げられます。


サッシ廻りの下地との取り合いは、
防水シートの重ねや防水テープ等の
納まりがとても大事となります。


この納まりをきちんと行われていなければ、
台風などの風が付いた雨が降った場合に
簡単に窓周りから雨漏りを引き起こしてしまいます。


建物の内部から見て分かりやすい雨漏りサインは、
窓の木枠や壁紙周りに雨染みが見受けられる事です。


この状態が見受けられたら、間違いなく
窓周りからの雨漏りが浸食している事となります。


窓周りの防水シートと防水テープの納まりが
きちんとされていなくても、
風が付かない普通の雨の場合は雨漏りは殆どおきません。


風邪が付く時だけに窓廻りから雨漏りが発生する場合は、
確実に窓周りの下地不足があると言えます。


20年以上も前の建物であれば、窓周りの納めに
防水シートの重ねなどの納まりは出来ていても、
防水テープをきちんと張って納めていない場合があります。


この場合は、外壁改修をして窓周りの防水処置を
きちんと行うと改善する事が出来ます。


また、20年以内の築年数でサイディング外壁であり、
台風等の風が付いた雨の場合雨漏りを起こす場合は、
窓周りの防水の納まりがきちんとされていない場合があります。


この場合は、残念ながら手抜き工事となりますので、
業者に問い合わせてみると良いでしょう。


風が付いた雨は、建物への雨水の侵入の原因の見当がつかず、
どのように内部に入り込むのかが非常に解りにくいです。


台風のような緊急状態にも対応できるよう、
サッシの廻りに手厚い防水下地を施します。


建って数年で窓周りに変な雨漏りが出ているようであれば、
急いで業者に修繕をお願いしましょう。