雨漏り補修はプロに任せてほしい!


 
お宅で雨漏りが起きた場合、どう対応しますか。

 

とりあえず、応急処置という事で難を逃れる為に

ご自分で補修する方が大半だと思います。

 

もちろん、応急処置は大事な事なので、

ご自分でやれる範囲で行う事はオススメします。

 

大事なのは、その後です。

 

ご自分で補修工事を行い業者に頼らない方も

多いようですが、これはとても危険です。

 

何故、DIYで雨漏り補修をする事が

オススメ出来ないのかを、ご紹介します。

 

 

・水の動きは意外と難題!

 

水の動きというのは、想像以上に恐ろしく厄介です。

 

小さな針の穴さえくぐり抜けて、簡単に雨漏りへと繋げてしまいます。

 

素人さんでも万度に雨漏り補修が出来れば問題有りませんが、

殆ど万度に100%防水出来るとは考えにくいです。

 

その為、結局少し経つとまた同じ場所から雨漏りが発生してしまい、

どんどん建物に影響を与えてしまいます。

 

この繰り返しで、建物のダメにしてしまう

パターンは結構多く見受けられます。

 

 

・高所作業は意外と大変

 

素人さんが高所に上がるのも大変なのに、

ましてや足元がおぼつかない屋根の上の

作業となると、リスクが高くなってしまいます。

 

屋根上から転落してしまう事故も増えていますので、

自分は大丈夫なんて思って安易に作業をする事はとても危険です。

 

特に、雨が降った後は屋根上が滑るので、特に危険です。

 

想像以上に危険ですので、絶対にオススメできません。

 

 

・プロが用意する材料には勝てない

 

素人さんがホームセンターから購入してきて使う補修材と、

プロが適切なルートから購入する補修材とは効果の

程に雲泥の差があります。

 

きちんと密着し、その部分から2度の雨漏りを起こさないよう

スマートに処理を行ってくれますので、

断然プロに雨漏り補修を行ってもらうのが正しい方法です。

 

それでも自分で安く済ませようと、コツコツやっているようでは、

建物の寿命がどんどん落ちていき長持ちしなくなってしまいます。

 

そうならないよう、きちんとしたプロに頼んで

雨漏り補修を行ってもらいましょう。

 

雨漏りだからこそ、プロに頼まなくてはなりません。

 

水漏れを甘んじて受けていると、

本当に大変な事になってしまうので気を付けましょう。