屋根以外の様々な部分から雨漏りは発生する


 
雨漏りの原因というと、屋根からの雨漏りが

1番最初に頭によぎると思います。

 

しかし、雨が漏れてしまうのは屋根だけではありません。

 

外部面の様々な部分から、雨漏りを発生させてしまいます。

 

屋根以外から雨漏りするケースを、まとめてみました。

 

・サッシやフードの取り合い

サッシやフードは四角いので、

四隅の外壁部分にひびが入りやすく、

そこから雨漏りを発生させてしまう事があります。

 

・外壁からの雨漏り

外壁にひびが入る事で、

建物内部に雨漏りを発生させてしまう事があります。

 

また、下地の透湿シートの重ね不足により

雨や湿気を浸透させてしまい、

建物に害を与えてしまう事もあります。

 

また、外壁に幕板を使っていると、

取り付け部分から雨漏りを発生させてしまう事があります。

 

・サイディングの水切りから雨漏り

サイディングと土台の取り合い部分に水切りという

金物を取り付けるのですが、

水切りの勾配の悪さにより建物内に

雨水を浸食させてしまう事があります。

 

既製品の水切りの場合はあまりありませんが、

板金で加工した水切りの場合は加工の度合いにより

建物の中身雨水を浸食させてしまう事があります。

 

・コーキングの劣化

サイディングやタイルは、ジョイント部分に

コーキング施工を行っております。

 

そのコーキングが年数を重ねる事で劣化し口が開いてしまうと、

そこから雨や湿気を浸透させてしまい、

建物に害を与えてしまう事もあります。

 

・ベランダの取り合い

ベランダを外壁に取り付ける際、

ビスで取り付けた時の防水処理の甘さにより、

雨水を浸食させてしまう事があります。

 

・基礎が低すぎて雨漏りを発生させる

基礎の高さは400㎜以上が一般的ですが、

明らかに基礎高さが低いと、雨が降った際に

犬走りから雨が跳ね返ってきて基礎の中に

入ってしまう事があります。

 

これらの雨漏りは、数年で起こる事はではありません。

新築で建てて数年でこのような状態が起きる場合は、

業者の施工ミスですので対処してもらいましょう。

 

新築よりかなり年月が経っている建物であれば、

経年劣化という事でメンテナンスを行って建物の

寿命を高めなければいけません。

 

屋根以外にも、このように雨漏りに繋げてしまう事があります。

 

屋根同様、雨漏りを起こす事で建物に重篤な影響を

与えてしまいますので、絶対によくありません。

 

少しでもおかしいなと思ったら、

業者に点検してもらい対処をするようにしましょう。