意外と盲点!多雪地域の雨漏り


 
雨漏りと言えば雨が多く降る地域を想像

すると思いますが、意外と多雪地域で

雨漏りを多く発生させてケースがあります。

 

多雪地域ならではの環境が、

雨漏りしやすい建物にしてしまいます。

 

多雪地域で起きてしまう雨漏りの原因は、

このような事が挙げられます。

 

 

・屋根から雪が落下する事で屋根が劣化

 

多雪区域の多くは、雪が屋根上にある程度

乗ってから勾配なりに雪が落ちます。

 

その作用で、下階の屋根に大きな影響を与えてしまいます。

 

ドン!と雪が落ちる事で屋根に不具合が起きてしまい、

屋根が劣化してしまい雨漏りを引き起こしてしまう事があります。

 

 

・氷が屋根上に落ちて屋根が劣化

 

屋根上に雪がずっと乗っていると、

寒暖を繰り返し氷に変化して凍ってしまう事はよくあります。

 

その氷固まってしまった物が、ある日温度が緩んだ

瞬間ドン!と下階の屋根に落ちてしまいます。

 

氷が下階の屋根を傷つけ、

屋根の劣化を招いて雨漏りを引き起こしてしまう事があります。

 

 

・雪下ろしの際に屋根が劣化

 

雪が屋根に沢山積もってしまう地域では、

定期的に雪下ろしを行います。

 

その際に、屋根に傷を付けてしまう事があり、

そこから雨漏りを発生させてしまう事があります。

 

 

・軒先に凍り付いたものが溶けて雨漏り

 

軒先に付いた氷が暖気で溶けて、

淀や破風の掴み部分から水が浸入し、

雨漏りになってしまう事があります。

 

このように、多雪地域ならではの屋根への

弊害は実は沢山ございます。

 

このような状態になってしまう前に、

事前に適切な形で屋根の雪を降ろす事は

とても大事な事となります。

 

雪下ろしの際も、屋根に傷を付けてしまったりと、

雨漏りに繋げてしまう事がございますので、注意しましょう。

 

屋根に影響を与えないような雪下ろし器具も

ございますので、そちらを活用すると良いでしょう。