雨が目につかなくてもこんな状態は雨漏り要注意!


 
雨漏りと言えば、雨が家の中に

ポタポタ落ちているのを想像すると思います。

 

しかし、雨が家の中にポタポタ落ちていなくても、

実は雨漏りをしている事がございます。

 

雨漏りが目に見えていないからと、

安心してはいけません。

以下の状態がある場合は、

小屋裏の中で雨漏りが発生しているサインです。

 

・天井や壁に覚えのないシミが出来ている

 

天井や壁に身に覚えがないシミが出来ている場合は、

雨漏りの進度がかなり進んでいる場合が考えられます。

 

 

・雨が降っている時に小屋裏でポタポタ音がする

 

特に、酷い雨や風の付いた雨が降った場合に起きる事があります。

 

部屋の中に雨水が出てきていないだけで、小屋裏の中で雨漏りが発生している証拠です。

 

・雨が降った後室内がカビ臭くなる

 

雨は止んだのに、何故か臭うカビの臭い…

 

小屋裏の中で雨漏りが起きており、

小屋裏の中がカビまみれになっている証拠です。

 

このように、部屋の中に雨水が落ちてきていないのに、

既に見えていない小屋裏の中で雨漏りが発生している事がございます。

 

これらが見受けられたら、屋根上や小屋裏等を業者に調査してもらい、

雨漏りの原因を突き止めましょう。

 

早めの補修を行うと一部の補修だけで済みますので、

補修費用も安価になります。

 

長い間放っておくと、大きな範囲の改修工事を

しなければならない可能性が出てきます。

 

驚くほどの工事費になる事もございますので、注意しましょう。

 

酷い場合は、屋根下地や小屋裏の構造体全てが

ダメになっており、取り換え無ければいけなくなる事もございます。

 

そうなると、とても大掛かりな工事となってしまい、

費用も莫大になってしまいます。

 

少しでもおかしいなと思ったら、

早めに業者に対応してもらいましょう。