急に雨漏りになった場合の対処法


 
急な雨漏りに気付いた場合、業者がすぐ来て
対処してくれるのが1番ですが、
すぐ対応してくれない事があります。

 

業者が来るまで時間がかかる場合は、
自分で補修する事を考えなくてはなりません。

 

雨漏りを放っておくと、野地板や小屋裏の
構造材に大きな影響を与えてしまいます。

 

建物の寿命にも関わってきますので、
絶対放っておいてはいけません。

 

雨漏りの補修は、家の中から行う補修方法も
ございますが、残念ながら殆ど意味がありません。

 

面倒でも、屋根の上からの補修をする事で、
建物内部への影響を最低限にとどめる事が出来ます。

 

簡易的にでも確実に雨を逃す方法を取らなければ
ならない事を、覚えておきましょう。

 

今から案内するのは、開くまでの応急処置ですので、後日必ず業者に
見てもらい適切な防水工事を行ってもらいましょう。

 

1番オススメなのが、防水テープでの補修です。
黒いビニール状のテープで、黒い接着剤が付いています。
接着力と密着力が非常に高いので、ピタっと張る事が出来ます。

 

鉛が入っている物が以前は主流でしたが、
今は鉛が入っていない防水テープも多くございますので、
気になる方はそちらをオススメします。

 


テープ幅は、100~300㎜の物まで幅広くございますので、大変重宝します。
金額は10,000~20,000円程するので、お安い材料ではございません。

 

しかし、防水性が高く、簡単に防水施工を素人さんでも
行う事が出来るので、とても便利で効率的な材料です。

 

屋根の雨漏り部分が気になる場所に、
水気を取り除いて貼り付けます。

 

一般的なテープよりも粘着力が強いので、
誰にでもピタッと張る事が出来る優れ物です。

 

もう1つ、雨漏りの補修として使われる事が多いのが、
コーキングではないでしょうか。

 

コーキングでの雨漏り補修は、
簡単なようで意外と難しい傾向があります。

 

ただコーキングを充填しただけで、
きちんと密着していなく雨漏りが解消しない場合が多くございます。

 

その為、やみくもにゴッソリとコーキングを充填してしまい、
その後の業者の雨漏り補修の弊害になってしまう事があります。

 

コーキングの自己補修は簡単そうでかなり難しいので、
あまりオススメ出来ません。

 

雨漏りの自己補修の際の屋根の昇り降りは危険ですので、
十分に気を付けましょう。

 

作業を行う場合は必ず2人仕事とし、
単独作業は必ず行わないようにしましょう。