急に雨漏りになった場合の対処法

急な雨漏りに気付いた場合、業者がすぐ来て
対処してくれるのが1番ですが、
すぐ対応してくれない事があります。

 

業者が来るまで時間がかかる場合は、
自分で補修する事を考えなくてはなりません。

 

雨漏りを放っておくと、野地板や小屋裏の
構造材に大きな影響を与えてしまいます。

 

建物の寿命にも関わってきますので、
絶対放っておいてはいけません。

 

雨漏りの補修は、家の中から行う補修方法も
ございますが、残念ながら殆ど意味がありません。

 

面倒でも、屋根の上からの補修をする事で、
建物内部への影響を最低限にとどめる事が出来ます。

 

簡易的にでも確実に雨を逃す方法を取らなければ
ならない事を、覚えておきましょう。

 

今から案内するのは、開くまでの応急処置ですので、後日必ず業者に
見てもらい適切な防水工事を行ってもらいましょう。

 

1番オススメなのが、防水テープでの補修です。
黒いビニール状のテープで、黒い接着剤が付いています。
接着力と密着力が非常に高いので、ピタっと張る事が出来ます。

 

鉛が入っている物が以前は主流でしたが、
今は鉛が入っていない防水テープも多くございますので、
気になる方はそちらをオススメします。

 

テープ幅は、100~300㎜の物まで幅広くございますので、大変重宝します。
金額は10,000~20,000円程するので、お安い材料ではございません。

 

しかし、防水性が高く、簡単に防水施工を素人さんでも
行う事が出来るので、とても便利で効率的な材料です。

 

屋根の雨漏り部分が気になる場所に、
水気を取り除いて貼り付けます。

 

一般的なテープよりも粘着力が強いので、
誰にでもピタッと張る事が出来る優れ物です。

 

もう1つ、雨漏りの補修として使われる事が多いのが、
コーキングではないでしょうか。

 

コーキングでの雨漏り補修は、
簡単なようで意外と難しい傾向があります。

 

ただコーキングを充填しただけで、
きちんと密着していなく雨漏りが解消しない場合が多くございます。

 

その為、やみくもにゴッソリとコーキングを充填してしまい、
その後の業者の雨漏り補修の弊害になってしまう事があります。

 

コーキングの自己補修は簡単そうでかなり難しいので、
あまりオススメ出来ません。

 

雨漏りの自己補修の際の屋根の昇り降りは危険ですので、
十分に気を付けましょう。

 

作業を行う場合は必ず2人仕事とし、
単独作業は必ず行わないようにしましょう。

天窓は雨漏りを起こしてしまう厄介アイテム その2

前回は、天窓のメリットについてお話しました。

今回は天窓のデメリットについてお話します。

 

1番のデメリットは、雨漏りしやすくなる事です。

 

天窓は屋根に取り付いているので、

屋根上で雨水が流れる際に天窓が

流れの邪魔をしてしまいます。

 

雨が流れる際に天窓にぶつかったり、

雨水が溜まってしまう事があります。

 

その為、天窓廻りの雨仕舞が少しでも悪いと、

天窓廻りから雨漏りを発生させてしまいます。

 

天窓を付けると、よく雨漏り問題にぶつかって

しまうと言われるほど、雨との相性が非常に良くないアイテムです。

 

特に開閉する天窓は、

雨漏りが発生しやすいので要注意です。

 

どうしても天窓を取り付けたい場合は、

FIXの天窓をオススメします。

 

しかし、FIXの天窓でもFIX周りの雨仕舞を

きちんとしなければ、即座に雨漏りに繋げてしまいます。

 

天窓の雨仕舞に詳しい職人さんが居る業者に

依頼する事をオススメしますが、

雨漏りの事を考えたら天窓を取り付ける事自体オススメ出来ません。

 

もう1つデメリットなのは、採光パワーが強すぎる事で

暑さが沢山入り込んでしまう事です。

 

採光パワーが3倍ですので、

入り込む日差しの強さも同等に入ってきてしまいます。

 

想像以上に、物凄く暑い空間になってしまいます。

 

中には、耐えられない程の暑さになるという方もいらっしゃいます。

 

酷くなると、フローリングの色が変わってしまったりと、デメリットだらけです。

 

天窓は見た目も雰囲気もとてもオシャレで

カッコよいですが、実はデメリットの方が多いアイテムです。

 

取付けはオススメ出来ませんが、どうしても取付けたい場合は

よく考えて建物に採用するようにしましょう。

 

雨漏りは建物の寿命を落としてしまいますので、

絶対起こしてはいけません。

意外と盲点!多雪地域の雨漏り

雨漏りと言えば雨が多く降る地域を想像

すると思いますが、意外と多雪地域で

雨漏りを多く発生させてケースがあります。

 

多雪地域ならではの環境が、

雨漏りしやすい建物にしてしまいます。

 

多雪地域で起きてしまう雨漏りの原因は、

このような事が挙げられます。

 

 

・屋根から雪が落下する事で屋根が劣化

 

多雪区域の多くは、雪が屋根上にある程度

乗ってから勾配なりに雪が落ちます。

 

その作用で、下階の屋根に大きな影響を与えてしまいます。

 

ドン!と雪が落ちる事で屋根に不具合が起きてしまい、

屋根が劣化してしまい雨漏りを引き起こしてしまう事があります。

 

 

・氷が屋根上に落ちて屋根が劣化

 

屋根上に雪がずっと乗っていると、

寒暖を繰り返し氷に変化して凍ってしまう事はよくあります。

 

その氷固まってしまった物が、ある日温度が緩んだ

瞬間ドン!と下階の屋根に落ちてしまいます。

 

氷が下階の屋根を傷つけ、

屋根の劣化を招いて雨漏りを引き起こしてしまう事があります。

 

 

・雪下ろしの際に屋根が劣化

 

雪が屋根に沢山積もってしまう地域では、

定期的に雪下ろしを行います。

 

その際に、屋根に傷を付けてしまう事があり、

そこから雨漏りを発生させてしまう事があります。

 

 

・軒先に凍り付いたものが溶けて雨漏り

 

軒先に付いた氷が暖気で溶けて、

淀や破風の掴み部分から水が浸入し、

雨漏りになってしまう事があります。

 

このように、多雪地域ならではの屋根への

弊害は実は沢山ございます。

 

このような状態になってしまう前に、

事前に適切な形で屋根の雪を降ろす事は

とても大事な事となります。

 

雪下ろしの際も、屋根に傷を付けてしまったりと、

雨漏りに繋げてしまう事がございますので、注意しましょう。

 

屋根に影響を与えないような雪下ろし器具も

ございますので、そちらを活用すると良いでしょう。

 

これらが見受けられたら雨漏りを起こしている可能性大 その2

前回は、スレート屋根の棟の釘の浮き、

スレート屋根の割れ、漆喰の割れ、瓦のずれ

についてお話しました。

その続きです。

 

 

・谷樋の浮きや穴

 

谷樋はピッタリ密着しているのが一般的ですが、

何らかの影響で浮いたり穴が開いていると、

その部分から水が浸食して雨漏りに繋げてしまいます。

 

既存の谷樋をメンテナンスして治まるようで

あれば、2~3万程で済みます。

 

既存の谷樋が使えないようであれば、

新しい谷樋に交換しなくてはなりません。

 

その場合は、20~80万程かかってしまいます。

 

 

・屋根材料の明らかな劣化

 

板金屋根の著しい錆びや穴あき等、

間違いなく雨漏りに繋げてしまいます。

 

この場合は、全てを葺き直す事をオススメします。

 

大きさや使い材質にもよりますが、一般的な板金価格でしたら

20万円からで、材質の良い板金を選ぶと100万以上かかる事もございます。

 

 

これらの屋根状態はよくある状態なのかもしれませんが、

明らかに雨水を建物の中に入れ込んでいます。

 

このままでは建物の中が雨水で侵されてしまい、

雨漏りや構造材の劣化に繋げてしまいますので、

絶対に良くありません。

 

少しでも屋根の様子が変だなと思ったら、

すぐに業者に問い合わせて対処するようにしましょう。

 

早めの対処が安価な工事費に繋がり、建物の寿命を高めてくれます。

これらが見受けられたら雨漏りを起こしている可能性大

屋根をふと見た時に、この状態は大丈夫なのか?

と思う事ありますよね。20

 

面倒等で放っておく方も多いと思いますが、

本当にそのままで良いのでしょうか。

 

放っておくと、とんでもない事に陥る恐れがあります。

 

こんな屋根の状態は雨漏りになる可能性がある、

という例を挙げてみます。

 

 

・スレート屋根の棟の釘の浮き

 

本来きちんと打たれているはずの釘が浮いていると、

そこから雨水が浸食するので雨漏りに繋げてしまう恐れがあります。

 

釘を打ち直す程度で納まるようでしたら数千円で済みますが、

棟全体を取り替えるとなると30万程かかってしまう事もございます。

 

 

・スレート屋根の割れ

 

スレート屋根をよく見ていると、

継手以外に割れている部分を見つける事があります。

 

これはスレートの割れですので、この部分から雨漏りに繋げてしまいます。

 

スレートの割れは、パテ等で修繕するより1枚取り替えた方が確実です。

 

スレートの材料や副資材等を含めると、1~2万程で行う事が出来ます。

 

 

・漆喰の割れ

 

漆喰が割れてしまうと、その部分から雨漏りに繋げてしまいます。

 

漆喰のメンテナンスは、どこまでの範囲で漆喰がダメに

なっているかにより大きく変わります。

 

20~80万程かかるのが、目安と言えます。

 

・瓦のずれ

 

瓦のずれた部分から雨水が浸透してしまい、

雨漏りに繋げてしまいます。

 

ずれた瓦は使えないに等しいので、

思い切って新しい瓦に取り換えましょう。

 

瓦の材料や副資材等を含めると、

1~2万程で行う事が出来ます。

 

 

次回はその他の原因についてお話します。

雨が目につかなくてもこんな状態は雨漏り要注意!

雨漏りと言えば、雨が家の中に

ポタポタ落ちているのを想像すると思います。

 

しかし、雨が家の中にポタポタ落ちていなくても、

実は雨漏りをしている事がございます。

 

雨漏りが目に見えていないからと、

安心してはいけません。

以下の状態がある場合は、

小屋裏の中で雨漏りが発生しているサインです。

 

・天井や壁に覚えのないシミが出来ている

 

天井や壁に身に覚えがないシミが出来ている場合は、

雨漏りの進度がかなり進んでいる場合が考えられます。

 

 

・雨が降っている時に小屋裏でポタポタ音がする

 

特に、酷い雨や風の付いた雨が降った場合に起きる事があります。

 

部屋の中に雨水が出てきていないだけで、小屋裏の中で雨漏りが発生している証拠です。

 

・雨が降った後室内がカビ臭くなる

 

雨は止んだのに、何故か臭うカビの臭い…

 

小屋裏の中で雨漏りが起きており、

小屋裏の中がカビまみれになっている証拠です。

 

このように、部屋の中に雨水が落ちてきていないのに、

既に見えていない小屋裏の中で雨漏りが発生している事がございます。

 

これらが見受けられたら、屋根上や小屋裏等を業者に調査してもらい、

雨漏りの原因を突き止めましょう。

 

早めの補修を行うと一部の補修だけで済みますので、

補修費用も安価になります。

 

長い間放っておくと、大きな範囲の改修工事を

しなければならない可能性が出てきます。

 

驚くほどの工事費になる事もございますので、注意しましょう。

 

酷い場合は、屋根下地や小屋裏の構造体全てが

ダメになっており、取り換え無ければいけなくなる事もございます。

 

そうなると、とても大掛かりな工事となってしまい、

費用も莫大になってしまいます。

 

少しでもおかしいなと思ったら、

早めに業者に対応してもらいましょう。

屋根板金屋の腕次第で雨漏りは簡単に起きる

雨漏りによくあるパターンは、

板金屋さんの屋根の葺き方の悪さが

雨漏りに繋がるという事です。

 

1番出来ていない部分が、屋根板金と

外壁がぶつかった場所の板金の納め方です。

 

屋根板金と外壁との取り合い部分の納まりが

きちんと出来ていないと、100%雨漏りを起こしてしまいます。

 

雨水は、屋根勾配を伝って下に落ちていきます。

 

しかし、水というのは一定方向に流れる前に、

必ず1度上に上がる性質を持っています。

 

どんなに勾配がキツイ屋根でも、流れる前に1度必ず

勾配の逆方向(上方向)に雨水が上ってから勾配なりに流れる性質があります。

 

この水が上がる作用に板金が伴っていないと、

雨漏りに繋げてしまいます。

 

雨水が1度上に上がる性質を考慮し板金施工をしなければ

いけない部分は、1階屋根と2階外壁との取り合い部分です。

 

1部2階建ての建物には、1階の屋根と2階の

外壁部分がぶつかっている部分が必ず出来ます。

 

1階の屋根に流れ落ちた雨水は、勾配なりに

流れ落ちる前に1度外壁の方へ上がります。

 

その際、外壁の中に水が1度上がって浸食し、

その後に水が勾配なりに降りて流れていきます。

 

外壁の中に水が入る部分まで屋根板金を立ち上げなければ、

建物の中に水が浸食してしまいます。

 

その為、板金と外壁との取り合い部分には、

10cm以上屋根板金を外壁の中に立ち上げなくてはいけません。

 

水は5cm程上がる性質がありますので、

10cm板金を立ち上げておけば問題ありません。

 

この現象は必ず起きる事ですので、建築関係全員が周知の事のです。

 

しかし、仕組みを理解していない板金屋さんが板金を葺くと、

外壁側にほんの数センチしか板金を立ち上げずに納めてしまう場合がございます。

 

これでは、雨水が上がってきた際に全く対応が出来ません。

 

必ず、雨漏りを起こしてしまいます。

 

屋根を葺いてから数年しか経っていないのに雨漏りが起きる原因は、

板金の立ち上げ不足が原因の場合が殆どです。

 

その為、屋根を葺いた数年後に雨漏りを起こす場合は、

2階の屋根より1階の屋根の方が圧倒的に多い傾向がございます。

 

屋根板金屋さんの腕を見極める事は大変ですが、

他の建物等に葺いた評判等を聞くと判断しやすくなります。

 

屋根は、雨や太陽熱から建物を守ってくれる重要なパーツです。

そんな重要なパーツがこんなお粗末なようでは、

建物の耐久性が下がってしまいます。

30年住宅が100年住宅になると言われている現代ですので、

このような状態が起きない板金工事に出来る業者を選ぶようにしましょう。

 

雨漏りは保険で直す事が出来る事がある その2

前回お話しした、災害により屋根が侵されて雨漏りに繋が得るケースはこちらです。

 

その災害は、下記の3つです。

・風害の場合

風害の場合は風速20m/秒以上等、様々な制約はございますが、
屋根を使っているうちにこの程度の風を受ける事は必ずあります。
台風等も該当するので、かなりの割合で該当する事があると言われています。

 

 

・雪害の場合

例えば、一部二階の住宅の場合、二階の屋根から
一階の屋根に雪がドンと落ちてくることで、
一階の屋根に大きな負担が生じてしまいます。

 

その際に雨漏りに繋がる弊害が生じて雨漏りをしてしまった場合、
火災保険で修繕費用をまかなう事が出来ます。

 

多雪地域では、このような事がよく発生するので、
該当する確率が高いと言えます。

 

 

・ヒョウ災の場合
大粒のヒョウにより屋根が破損してしまって雨漏りになると、
修繕の費用を火災保険でまかなう事が出来ます。

 

雨漏り修理の際は、火災保険の補償に該当するのかどうかを、
まずは業者に問い合わせてみると良いでしょう。

修理費用が安価な場合は、該当しない事もございます。

このような保険の該当を知らなく、
自腹で雨漏りの修理費用を支払っているお宅は沢山ございます。

せっかく保険に該当するのに、
自分で大金をねん出するなんて勿体ありません。

雨漏り補修の場合は、
必ず問い合わせてから補修を行いましょう。

雨漏りは保険で直す事が出来る事がある

雨漏りは、経年劣化や施工不良じゃなければ、
無料で直す事が出来るという事、ご存じでしたか。

 

意外と盲点なのですが、住宅を持っている方の
ほぼ全世帯がかけている保険の中に該当するものがございます。

 

該当する保険は、火災保険です。

 

火災保険には、「風災保証」というのがございます。

 

強風や積雪、ヒョウ等の悪天候により雨漏りがした場合は、
火災保険から保険金が下りるという記載がございます。

 

様々な火災保険会社がございますが、
どの保険会社でも同じ事が記載されています。

 

この3つの悪天候に伴って雨漏りが生じた場合は、
修理費の全てを保険でまかなう事が出来ます。

 

うちの火災保険は該当するのかしら?と思う場合は、
かけている保険会社のHPを確認すると良いでしょう。

 

雨漏りと聞くと、経年劣化等により起きてしまうイメージが強いと思います。
しかし、意外とこれらの災害により屋根が侵されて
雨漏りに繋が得るケースは物凄く多いのです。

 

次回は災害で雨漏りするケースについてお話しします。